« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

2010年5月

2010.05.11

2R前半作品「ぼくらの地球防衛軍 レゴフォース」その3

さて、2R前半ネタも最後の3号機になりました。
当初は、大型の翼にローターなどを仕込んで可動させようとしたのですが、
あまりに部品が足りなくてボリュームがだせず断念しました。
そこで、薄い主翼でもさまになるように、Xウイング的にならべることに。
しかし、そのままではイマイチでしたので、角度も微妙に変えることにしました。

その結果……「Xボンバー」を連想するフォルムに……。
合体させると、更に顕著な気がします。

P1000262

そういえばテレビでは「空母」と紹介されていましたが、
基本は推進力を担当しているだけです。
つまり大型のブースターといったところでしょうか。

裏設定として1号機と3号機を合体することも検討していましたが、
時間が足りずに、実現に至っておりません。
展示が終了して戻ったら、試してみたい気もします。

次回は、今回の作品で一番人気な気もする「ドキドキ フルーツパラダイス」です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.05.07

2R前半作品「ぼくらの地球防衛軍 レゴフォース」その2

GWを挟み、時間があいてしまいましたが、
前回に引き続き、2R前半作品の2号機を紹介します。

2号機は一目瞭然で、サンダーバード2号コンテナを意識しています。
……が、正確にはゼネプロ制作の「帰ってきたウルトラマン」のメカのほうが、
今回の念頭にあった印象に近いかもしれません。

で、悲しいことにテレビでは逆走していましたが、
正面は「2」の数字があるほうです。
この「2」は、2号機の「2」ではなく、実は2番コンテナを意味しています。
つまり、本来はこのコンテナは多数あるわけです。

P1000200

で、なんでコンテナが多数あるかというと、
目的が搬送であることからわかるように、
サンダーバードのような「ミニメカ」が多数あるのです。
つまり、1号機についている偵察ミニメカ以外もあるということです。
見た目でわかるように、地中用ほかがあります。

P1000205

赤いのは、以下の画像でわかるように水中用で、下が搬送ユニットになっています。

P1000206

これらのミニメカも、すべて同じセットから組まれています。

ミニメカの乗降は、背面からです。
折りたたみ式のドアひらいて、でていきます。

P1000204

余談ですが、どのテクニックセットを使ったのか、
TVではハッキリわからないので型番だけ記しておきます。
8260、8261、8262、8264,8259

次回は、3号機です……が、あまりネタはありません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »